おすすめ投稿

下取りではなく、中古車買取業者を選んで大正解でした

中古車の運転
私は以前車の乗り換えをするとき、中古車買取業者を利用しました。
下取りだと売却と同時に車を購入することができるので、時間や手間を省くことが出来るのではないかと思い、初めは下取りを選んでしまおうかと思っていたのです。

けれど、ディーラーで査定してもらったところ、思っていたよりも安い値段しかつけてもらえなかったんですよね。
新車購入のための費用に充てようと思っていたので、とてもがっくりきてしまいました。

そこで、試しに中古車買取業者でも査定をしてもらうことにしたんです。
数件の業者を回って査定してもらったところ、高いところでは下取りよりも20万円以上も高い値段をつけてくれて、すごくびっくりしました。

結局、下取りはキャンセルし、一番高値をつけてくれた業者に買取を依頼することにしました。
後々ネットで調べてみたら、下取りよりも買取のほうがお得だというのは常識的なことだったんですね。

高値で車を買い取ってもらえたため、新車購入の金銭的な負担を軽くすることができ、本当に嬉しく思っています。

今度車を買うならミニにしようと考えています

車の風景
最近街をドライブしているとよく見かける自動車のひとつにミニがあるんですが、旧型のミニクーパーのスタイルも良かったんですが最近のスタイリッシュな感じのミニもなかなかかっこいいんですよね。
一見してミニであるといった存在感は旧型の頃と変わらないくらいのインパクトがありますし、何と言ってもカラーリングが様々用意されていますのでとてもオシャレで可愛らしいといった印象の自動車だと思っています。

主に乗っているのは女性の方なんじゃないかと思いますが、この車は男性が乗っても全く違和感なく乗れる素晴らしい自動車なんじゃないかと思っているんです。
私は今載っている車の次にはミニを購入しようかと思っているんですが、ミニの良い所はマニュアルもちゃんと用意されているというところなんですよね。

やっぱり自動車を運転する時の楽しみと言ったらシフトレバーを操作してクラッチも操作するといった所にあると思っていますので、もしミニを買ったらもちろんマニュアルにしようと思っています。

初代シルビアが好きです

初代シルビアが好きです
初代シルビアが好きです。
ブル310系のシャシ、兄弟車のSP311の兄貴分(販売開始もシルビアが先)でした。
日本初のポルシェパテントのサーボ機能付き4速フルシンクロミッション。
クラッチ自体も従来のコイル式から、遠心力に左右されない円錐形を採用する等、GTカーの名に恥じない車でした。
ボディ製作はモーターショー出品モデルはヤマハ、生産版は殿内製作所でボディの継ぎ目は手作業によるロウ付けで埋めるという、手間のかかった車で、大卒リーマンの初任給が10000円の時代に120万円というイっちゃた値段設定もうなずけます。
生産台数は554台(諸説あり)、日産市販車初の100マイルカーとして、御膝もとである三京のパトカーにも使用されました。
惜しむらくは当時こんなバカ高いクーペを買う酔狂なアーパーが日本にそれほど居なかった事でしょう。
どうでもいい話ですが、ワイパーの作動方向が一般的な車の逆です。
それとフロントはディスクブレーキですがサーボがありません。
なんでこんなに褒めるかというと、父が若い頃に新車で買って、未だに会社の倉庫で腐っているからです。

中古車一括査定サイトを使って車を売却しました

数年前、新車を購入する際に車を売却したことがあったのですが、当時は自宅にいながら複数の中古車買取店に査定をしてもらうシステムがあることを知らず、近所でたまたま見つけた中古車買取店で査定をしてもらって、言われるままの金額で買取をしてもらいました。
その時はその金額に何も疑問を持っていなかったのですが、後になって中古車の一括査定サイトの存在を知り、もっと高く売却出来たのではないかと後悔していました。

そんな時、また車の買い換えをすることになったので、今度こそは後悔しないように売却しようと思い、中古車の一括査定サイトを利用してみました。
その結果、複数の中古車買取店から提示された査定額は高いところと安いところでかなりの差があったので、よく比較した上で最も高く査定額を出してくれた中古車買取店で買取してもらうことにしました。

数年前は売却に失敗してしまった感がありますが、今回はかなりお得に車を売却出来たので、とても満足しています。

新車を購入するために考えることとは

新車を購入するには価格が高いために、長く利用できる車を選ぶ方法が望ましいです。
新車は中古車と比較すると新しい設備が特徴で様々なメリットがあることが魅力であり、こだわりを持って選ぶ方法が最適です。

新車を購入するためには今後の維持費などが高いことが多く、自動車税の金額などを考えてから購入する必要があります。
新車を購入するには多くのお金がかかるために自動車ローンを組む必要があり、今後の収入の状況を考えてからローンを選ぶことが大事です。

新車は新しい性能が特徴であり、車を買い換える場合には操作の方法などを考えて選ぶ必要があります。
新車は以前の操作方法とは違う操作を行う必要がある場合が多く、適正を考えながら選ぶことが重要です。

新車は中古車とは違い価格が非常に高いために、安くなる時期を見計らって購入する方法が望ましいです。
車を購入するには今後の生活のスタイルを考えて選ぶ必要があり、実際の車の性能などを確かめてから選ぶ必要があります。

乗ってみて魅力的に感じた車

私は車に対してはどちらかと言えば単純に移動手段という意識が強かったので、それほど車の種類や大きさなどに拘りを持っていませんでした。
ですから自分が野っていたのも外観の格好良さよりも燃費や運転のし易さを重視しており、軽自動車を利用していました。

このような考え方なので、高級な外車には縁遠い存在でした。
また今後乗ることも無いと思っていたのです。

しかし突然その機会が訪れることになりました。
実は上司の中に車が好きな方が居り、フォルクスワーゲンのゴルフに乗っていました。

仕事で一緒に出掛ける必要があったので乗せていただいたのですが、私の車とは全てにおいて異なると感じたのです。
例えば室内の空間です。

乗り心地は良く、室内の空間はスマートな印象です。
また試すことはありませんでしたが、スピードメーターの最大スピードもかなり高かったです。

これまで車には興味はありませんでしたが、良い車に乗ってみたことで、高い車というのは価値のある魅力的な存在だと考えるようになりました。